専門診療メニュー

最新治療

「従来の歯科治療では、麻酔(注射)を行い、神経を取る根管治療になります。最終的には、広範囲に削り銀歯を詰める方法が取られてきました。しかし、神経を取った歯は食べ物を噛む感覚も鈍く、歯の寿命も短くなります。
最新の虫歯治療のトレンドに、MI(ミニマム・インターベンション)という治療があります。
Minimum Intervention(最低限の介在)は、歯の健康のために、なるべく歯を削らずに治療を行うということです。
2丁目石井歯科医院では、最先端の治療法を積極的に取り入れ、患者さまにご提供しております。

3Mix-MP法

3Mix-MP法は新潟大学歯学部の星野悦郎教授や、仙台の宅重豊彦先生らが共同で研究・開発した、新しい虫歯の治療方法で、神経を残し、如何に歯を削らないで残すかを目的としています。
3Mix-MP法のメリットは、痛みのない治療で、歯を削る量を少なくし、なおかつ歯の神経(歯髄)を守ることができます。

3Mix-MP法について詳しく見る

3Mix-MP法

ページ上部へ戻る

ドックベストセメント療法

削らない、痛くない、抜かない−そんな治療方法が、ドックベストセメント療法です。ドックベストセメント療法は、抗生剤などの薬剤ではなく、ミネラル成分による虫歯菌の殺菌作用により虫歯を治します。
ドックベストセメントの主成分は、銅やリン酸、亜鉛など、天然ミネラルです。そのため副作用の危険はありません。妊婦にも安心して使えます。

ドックベストセメント療法について詳しく見る

ドックベストセメント療法

ページ上部へ戻る