専門診療メニュー

マタニティ予防歯科

マタニティ予防歯科

~マイナス1歳から3歳までの予防歯科~
虫歯のないきれいな歯は、お母さんからお子さんへの最高のプレゼント

1. マタニティ予防歯科って何?

マタニティ予防歯科とは、マイナス1歳から始まるお子さんの虫歯予防のことです!
生まれる前から虫歯予防!!と驚かれるかもしれませんが、お子さんの虫歯予防はお母さんのお腹の中にいるときから始まります。
なぜなら、お母さんの口の中の状態や、栄養状態がすでに将来のお子さんの虫歯と関係しているからです。
あかちゃんがお腹にいるとき、つまり妊婦さんのお口の中ではいろいろな変化が起こっています。
妊娠するとホルモンバランスの変化や食生活のパターンなど、様々な変化が起こります。そのような身体や生活の変化は、妊婦さんのお口の環境にも影響を与えます。

2:お口の中の歯周病菌や虫歯菌の増加

変化1:唾液量の減少
唾液量が減って、お口の中が乾きやすくなります。

変化2:お口の中の歯周病菌や虫歯菌の増加
妊娠すると女性ホルモンが増えます。実は、女性ホルモンは歯周病菌の大好物です。だから、口の中に女性ホルモンが増えれば、歯周病菌もどんどん増えていくのです。
そのため、妊娠しただけで、歯ぐきから出血しやすくなったり、歯周病になりやります。
唾液の減少、つわりによりお口の清掃状態が悪くなる、食べものの好みの変化、一日に何度も食べてしまうなど、食生活パターンの変化も歯周病菌や虫歯菌が増加させる原因になります。

変化3:免疫力が低下する
妊娠すると、体内の免疫力が低下します。歯や歯ぐきについても同じことが起こります。そのため、ふだんよりも虫歯菌や歯周病菌などに攻撃せれやすくなり、虫歯や歯周病が進みやすくなります。また、過度なストレスや不規則な生活も、免疫力を低下させ、歯周病の発症や悪化の原因にもなります。

※歯周炎をもつ妊婦は早産や低体重児を出産する確率が高くなるという報告がなされています。
妊娠中の女性ホルモン増加グラフ

変化4:だ液の酸を中和する力が落ちる
妊娠すると、だ液の量が減るだけでなく酸を中和するだ液の力も低下してしまいます。それまでは食事をして酸性に傾いた口の中を、だ液の力で戻していたのが妊娠中は戻せなくなってしまい、口の中が酸性のままの状態になりやすいため、むし歯が増えるのです。

ページ上部へ戻る

3. 妊婦さんのお口のケアがお子さんを虫歯から守ります

このようにお母さんのお口の中は、妊娠、出産の時期に虫歯菌や歯周病菌が爆発的に増えやすい状態にあります。
お母さんのお口の中が虫歯菌や歯周病菌でいっぱいにだと、それは生まれてきた赤ちゃんのお口の中へと移っていきます。
だから、お母さんの口のケアをすることが、お子さんの虫歯予防にとても大切なのです。

イラスト

ページ上部へ戻る

4.マイナス1歳からの虫歯予防

生まれたての赤ちゃんのお口には、虫歯菌はいません。

では、虫歯菌はどこから来るの?それは、お母さんのお口の中からです。
お母さんのお口が、虫歯だらけで、きちんとお掃除されていないと、それがそのままお子さんに移っていく可能性がとても高くなってしまうのです。

だから、お子さんが生まれる前、お腹の中にいるとき、つまりマイナス1歳から虫歯予防は始まります。

お子さんが3歳までの時期、感染も窓が開いて、お母さんからお子さんへと虫歯菌が移っていくと言わています。
マイナス1歳から3歳までの時期が虫歯予防の基本です。

イラスト

ページ上部へ戻る

マタニティ予防歯科のポイント

  • 虫歯をきちんと治そう!
  • お口の中を専門家の衛生士さんにきちんとお掃除してもらおう!
  • 自分でもケアできるように、衛生士さんに歯ブラシの仕方をきちんと教わろう!妊娠中のときに、しっかりお子さんの歯ブラシについても教わっておこう!
  • お子さんが生まれる前に、どうして虫歯は出来るのか、知識を身につけておこう!虫歯予防に関する知識をしっかり身につけておくと、余裕を持った育児へとつながります。2丁目石井歯科医院のマタニティ予防歯科セミナーを受講しよう!
  • 離乳食の時期から、飲み物や甘いものの与え方に注意しよう!2丁目石井歯科医院のマタニティ予防歯科セミナーで食育の知識を身につけておこう!

イラスト

ページ上部へ戻る