2丁目石井歯科医院の専門専門診療メニュー

削らないブリッジ

歯を抜いた時の新しい選択肢「削らないブリッジ」

特殊な技術による削らないブリッジという選択肢

歯を抜いた後どうするか悩むことがあると思います。

  • インプラントがいいのはわかるけど、高いし手術するのは怖い。
  • ブリッジにするために、隣の何ともない歯を削りたくない。
  • でも、入れ歯は入れたくない。

何も入れないと咬みにくいし、何とかしたい。
でも今まで、自分の健康な歯を削らず、取り外さなくてよい治療法はありませんでした。削らないブリッジは、患者さんの大切な歯を削ることなくブリッジにすることが可能です。インプラントのような大がかりな手術も必要ありません。

出来るだけ歯を削らない、神経を抜かないことを追求する2丁目石井歯科医院には、義歯・インプラント・削るブリッジではなく、特殊な技術による削らないブリッジという選択肢があります。

  • PTP前
    削りたくないので歯を抜いたままにすると隣の歯が倒れてきます。奥歯は虫歯になっていましたがドックベストを使って神経を残し、健康な歯はそのままです。
  • PTP後
    削らないブリッジを歯に接着します。インプラントのような手術は必要ありません。ドックベストセメントを使うと深い虫歯は取らないので、麻酔も必要ありません。

ページ上部へ戻る

メリットとデメリット

markメリット
  • 健康な歯を削る必要がありません。
  • 治療してある歯は銀歯を外すだけでブリッジに利用できます。
  • 義歯のように取り外す必要がなく、違和感がありません。
  • バネがないので、ご自分の歯のような自然な見た目です。
  • インプラントのような手術は必要ありません。
  • インプラントのように特別なお手入れの必要がなく、ご自分の歯と同じメンテナンスを受けていただけます。
  • インプラントより治療費がかかりません。
  • 万が一、欠けたり取れたりしても簡単に修理できます。
markデメリット
  • 適応が限られます(奥歯の場合 1歯欠損まで)。
  • インプラントよりは咬む力が小さい(通常の食事は問題ありませんが、あまりに硬い食物は避けて下さい)。
  • 保険が適用されません。
  • 歯を削らず接着するので、少しだけ歯が大きくなります(違和感を感じることはほとんどない程度です)。

ページ上部へ戻る